2014年11月15日 講演会開催のお知らせ

新潟から、精神科医の中垣内正和先生をお招きして講演会を実施します。

講演「希望のひきこもり」
講師:精神科医 中垣内正和先生

基調講演1「国の子ども・若者支援政策について」
講師:衆議院議員 小林史明先生

基調講演2「広島県の子ども・若者支援政策について」
講師:広島県議会議員 三好良治先生

 社会生活を円滑に営む上での困難を有する子ども・若者、そしてご家族の方々を支えるためにはどうすれば良いのか・・・。先進的な取り組みをして来られた中垣内先生をお招きして一緒に学びたいと思います。
 現在お困りの方、支援に関わる皆さま、また『人が人を支える街ふくやま』に想いを寄せる地域の皆さま、貴重な機会になりますので、子どもや若者がイキイキと暮らせる街になるように理解を深めて頂ければと思います。どうぞお気軽にご参加ください。

【料金】無料

【申込】FB、電話 084-959-3358 等

■中垣内正和先生 講師プロフィール

新潟大学卒、精神科医歴30数年、医学博士、アルコール依存症、摂食障害などアディクションやうつが専門。2000年の柏崎事件に触発され、ひきこもり対応を開始、ひきこもり外来14年で300名ほどの当事者と出会う。
KHJ親の会の顧問→副代表を務める。220名の統計から「ひきこもりには出たい気持ちがあること」「親の取り組みからも出せること」「取り組みを3年、5年と継続することによって社会参加が増加すること」などを示した。2003日本嗜癖行動学会長岡大会の会長も務めた。

11月15日講演チラシ_表(PDF)

11月15日講演チラシ_裏(PDF)

PAGE TOP