親を頼れず自分の足で未来へ踏み出そうとする若者を見守り付きの住まいで応援

児童養護施設出身者など親を頼れない若者が自分の足で一歩踏み出そうとするのを応援するためのシェアハウスです。同じ立場の方同士で支え合いながら暮らすため、ピアホームという名前にしました。
法人スタッフが、自分も相手も大切にするにはどうすれば良いか一緒に考えながら、入居者同士で話し合い、お互い心地よく暮らせるようにサポートします。

PAGE TOP