ピアホーム *シェアハウス

ピアホーム開設までの流れ

ピアホーム開設までの流れを公開していきます

ピアホーム(シェアハウス)開設までの流れを順次更新していきたいと思います。
開設について考え始めたのは、2019年に入ってからでした。カモミールに引き継がれる方は、住む場所に困っている施設退園生の場合が多いと感じていて、一番カモミールに必要とされているのは住む場所の支援なのではないかと思うようになっていたからです。
2019年1月に参加した退所児童等アフターケアの全国ネットワーク「えんじゅ」の研修会で、シェアハウスを営んでいるNPO法人の方々とお話しする機会を得ることができました。失敗例も含め分析した貴重な資料を提供してくださる法人もありました。また3月にはナラティヴセラピーを学ぶ合宿に参加し、自他尊重の居場所の心地よさを体感し、そんなピアサポートの場でもあるシェアハウスを開所することを具体的に考えるため、フクビズに新事業立ち上げの相談に通い始めたというのが始まりの流れです。
検討に検討を重ね、11月に物件契約を行いました。

社協の方にご紹介いただいた大家さんが所有されている一軒家。お借りすることを決めようとしていた時、シェアハウスとして開設するには改修工事が必要かもしれないと県庁で教えてもらいました。建築士さんに相談するようにとアドバイスを受け、建築士さんを通して市役所の建築指導課と話していただいた結果、間取り変更のような大きな改修は必要ないとのことだったので、契約することに決めました。ところが、消防署や市役所の方々と具体的な工事内容を確認していくと、壁や天井がベニヤなので不燃の石膏ボードに変えないといけないと指摘を受けました。寄宿舎として建築基準法や消防法に適合させるため、予想外の工事を行わないといけないことになりました。

どうせ天井と壁にボードを貼るなら、その上に貼る壁紙は若い入居者へのメッセージを込めて選びませんかと一級建築士の高橋美恵子さんから提案を受け、心地よい憩いの場所になるように考えて選びました。例えば、トイレの一部に使うことにした「ムーミン」の壁紙。ムーミンのお話には素敵な言葉がたくさんあります。例えば、リトルミイの「べつに…あたしはあたしでいいよ」や、スナフキンの「人と違った考えを持つことは一向にかまわないさ。でも、その考えを無理やり他の人に押し付けてはいけないなあ。その人にはその人なりの考えがあるからね」などの言葉です。このピアホームのテーマは”自他尊重”、ムーミン谷のお話からヒントを得てもらえたらと思っています

2019年12月20日、経済リポートにクラウドファンディングの記事を掲載していただけました。クラウドファンディングなんて初めてで、どうすれば良いのか分からない中、他の法人が使っているクラウドファンディングを参考に問い合わせを始めました。融資を相談した広島銀行からは、Makuake(マクアケ)、READYFOR (レディーフォー)を紹介していただき、レディーフォーの方とは電話で打ち合わせもしました。ただ寄付金の約20%を支払わないといけないと分かり、ほかのクラウドファンディングと併用できないということもあり断念。コングラントで12月限定と、1月~4月開催、月々サポートの3つを立ち上げました。

1月6日(月)新年早々から大工さんが数名で沢山の石膏ボードを運び込み作業を開始してくださいました。私も仕事開始前に現地で高橋さんと打ち合わせ。ただ日中は仕事で全く現地に行くことができませんでした。毎日寒い中作業を進めていただき、土壁以外のほぼすべての壁と天井というすごい量の石膏ボードがあっという間に貼られていきました。作業は順調で、1月10日(金)にはボードの施工が完了しました。大掛かりな工事となりましたが、これで少し寒さが和らぐのではないでしょうか。

1月11日(土)石膏ボードがすべて貼られた様子。白いラインは壁紙を貼る前の下処理です。こんな風景も珍しいので写真を撮っておきました。石膏ボードってこんな風にピンクのものがあるんですね。案外ピンクのお部屋というのも可愛いのかもしれません。そういえば企業訪問に行ったとき、工場の壁が石膏ボードの貼りっぱなしだったことがありますが、意外にすっきりきれいだなと思いました。

1月13日(月)新しい壁紙が貼られる前に、窓枠と柱をDIYで白色に塗りました。毎日目にする壁や窓がくすんで古びていると気分も沈んでしまうような気がするのです。高橋さんも私も同意見で、すべてを新品に変えることはできないけど、費用をそこまでかけずできるだけのことはしようという話になりました。柱はなんとか1日で済みましたが、冬なのでペンキが乾かず思ったより時間がかかりました。この写真は1度塗りか2度塗りの時で、まだ少し色むらがあります。最終的に4度塗りで終わりにしました。外国の建物みたいにぽってりと厚塗りです。

PAGE TOP